埼玉の派遣ナース日記

老健の夜勤はどのくらい置きにラウンドしますか?ラウンド時に気を付けている事は?

私が働く老健は、入所スペースが2つのフロアに別れていて、100名の方が入所しています。
夜勤は、看護師1人に介護士が5名といった体制で、100名の利用者をみています。
認知症を初めとして、高齢者の方は、いろいろな疾患を持っているので、夜間のラウンドは慎重に行っています。

看護師は17時半から全体をラウンドして、その後、20時前後、0時前後、3時前後、早朝に行っています。
看護師以外にも、介護士もそれぞれラウンドしているので、基本的に1時間に最低1回は、
利用者の方の様子を確認しています。

ラウンドしている時に気を付けている事は、とにかく利用者の方を観察する事です。
呼吸状態、発熱、呼吸停止や顔色など、細かくチェックしています。
いろいろな疾患を持っている高齢者の方は、いつ何が起こるかわかりません。
それに、夜間にいろいろな症状が現れるケースも多いので、気を抜く事はできません。

夜間の急な発熱は、比較的に良く起こる事です。
発熱というのは、何かしらの原因が必ずありますから、全身の状態を確認します。
肺雑音、痰のからみ、腹痛、尿や便の状態も確認します。
サチュレーションの低下などがある場合は、すぐにドクターに報告して、病院に救急搬送する場合もあります。
呼吸停止している方もいるんです。
予想外の突然の呼吸停止には、心配蘇生を行いながら、病院に搬送します。

老健というのは、基本的に医療行為をそれほど必要としない方が利用している施設なんですが、最近では、
重症度が高い利用者の方も増えてきています。
その為、看取りをする事もあります。
夜間は何が起こるか分かりませんし、看護師は1人だけですから、常に緊張感を持って、
いろいろなケースを予想しながら働いています。

2014年6月10日|

臨床工学技士って本当にありがたい!呼吸器の設定から管理、回路交換まですべてやってくれる!看護師の負担も減るし、精神的に楽になる!

病院には、様々な職種の人たちが働いていますよねd(^_^o)

ドクター、看護師はもちろん、レントゲンやMRI、CTを扱う診療放射線技師、血液検査や心電図検査などを行う臨床検査技師、リハビリテーションに関わる理学療法士、作業療法士、そして臨床工学技士という職種があります(´・Д・)」

臨床工学技士って、あまり聞きなれない職業ですよね。

まだ歴史の浅い職種で1987年に国家資格として成立したばかりの職業なんです_φ(・_・

臨床工学技士は、ドクターの指示に基づき、血液浄化装置や、人工心配装置、人工呼吸器などの生命維持装置の操作や点検を行うことを仕事としています。

最近は、医療機器の進歩がとても目覚ましいですよね(・_・;

こういった医療機器の進歩に伴って、操作ミスなどによる医療ミスが起きたこともあります。

医療的には、大きな進歩ですが、それを扱う医療従事者が操作や点検などの技術や知識を、常に最新の状態で把握するのは至難の技ですね(;´Д`A

高度な医療機器の取り扱いは、看護師にとっても非常に頭の痛い仕事です。

女性の多い看護師にとって、機械の操作と聞いただけでも、抵抗がありますよね( ;´Д`)

それが、ひとつ間違えば命に関わる機械の取り扱いとなれば、看護師の負担も大きいですね。

人工呼吸器の設定や管理、回路交換までやってくれるので、とても助かります(*^^*)

こういった作業を専門的に行う職種の人たちがいると、看護師の負担が軽くなりますし、精神的にもかなり楽になります。


万が一扱いを間違うと、患者さんの命に関わり、大きな医療ミスにつながることから、医療ミスを起こさないためにも、こういった専門職はありがたい存在ですねd(^_^o)

2014年5月28日|

患者さんの看取りが続くと・・・。死に慣れてしまうのは辛いけど、仕事だと割り切らないと精神的に持ちませんね。

看護師の仕事は、人の生き死に関わる仕事だから、精神的に辛いと感じることが多くありますね(;´Д`A

病棟勤務での楽しみって、入院患者さんとの関わりやコミュニケーションだったりしませんか?

業務に追われて、病棟の嫌な人間関係に揉まれ...仕事に行くのが辛い...。

そんな思いでイヤイヤ仕事に行っても、患者さんとの会話に癒されるなぁって思うことがよくあります(*^^*)

入院が長くなれば、長くなるほど、親しみも出てきて、
「お、今日は夜勤か!頑張れよ」
とか、
怖い先輩に嫌味を言われているのを目撃して、励ましてくれたり...。

患者さんのおかげで、頑張れてることってありますよね(*^_^*)

しかし、そんな親しみをもってしまえば、もってしまうほど、患者さんの死が辛くなりますね。

さっきまで会話を交わしていたのに...まだ患者さんに感謝の思いを伝えていないのに...>_<

急な患者さんの死は、割り切るのが難しいですね。

泣きそうになってしまうこともあるけど、他の患者さんに不安を与えてはいけないから、笑顔でいなくては...。

頭ではわかっているのに、それに気持ちがついていきません>_<

看取りが続いた時など、気持ちを切り替えるのが難しいですね。

一人さみしく亡くなる患者さん、幼い家族を残し死たくないと言いながら亡くなる患者さん...。

患者さんの思いを考えてしまうと、とても割り切れるものではありません( ;´Д`)

しかし、他の患者さんに支障がでるようなことは、プロとして許されないこと。

自分に言い聞かせながら仕事をしていますが、やはり精神的にキツイ仕事だなって思いますね。

人の死に慣れてしまうことはしたくない。

やはり、長年看護師という仕事をしていても、人の死は、重く受け止めることの出来る看護師でいたいと思います。

割り切ることと、慣れてしまうことは違う、だからきちんと割り切って仕事をしようと、自分に言い聞かせる日々ですね(。-_-。)

2014年5月28日|

吸引が下手な看護師・・・。無理に鼻腔から入れて患者さんは鼻血が出てますが・・・。寝たきりの患者さんでは苦痛を訴える事が出来ない。

経管栄養の患者さんや、人工呼吸器、気管切開の患者さん、自分で排痰することの出来ない患者さんは、吸引器で吸引してあげなくては、痰が詰まって呼吸が出来なくなってしまいますね(´・Д・)」

どこの病棟にも吸引が必要な患者さをはいますが、呼吸器科では定期的な吸引が必要な患者さんが多いんです。

吸引する際は、カニューレで口腔内や鼻腔内から痰を吸引するのですが、これは看護師によって手技の差を感じますね...(;´Д`A

口腔内からの吸引は痰の吸引がやりやすく、患者さんもいくらかは楽かもしれません。

しかし、鼻腔内からの吸引は、非常に苦しそうですね( ;´Д`)

私も、鼻からファイバーを入れた事が何度もありますが、ものすごい痛いんです(T ^ T)

だから、鼻腔内からの吸引の際は、出来るだけそっーと行っています。

意思疎通の出来る患者さんは、自分から痰の吸引をして欲しいことを伝えてきます。

カニューレを鼻腔内に挿入する際は、口から息を吐いてもらいながら挿入すると、いくらか痛みは軽減されます。

しかし、中にはものすごく強引に吸引する看護師もいます( ;´Д`)

鼻腔内から強引に吸引をすると、鼻の粘膜から出血してしまいます。

うちの職場にも、年配のとても強烈キャラのナースがいるのですが、そのナースが吸引すると、患者さんはみんな鼻から出血...。

吸引する時に、かなり強引だから、患者さんの苦痛様表情もひどいですね。

手の動く患者さんは、それでも必死に抵抗しますが、手を押さえて無理やり吸引しています。

しかも、吸引時間が長い‼︎

あ〜、見てるだけで自分の鼻が痛いですよ〜(T ^ T)

寝たきりの患者さんは、痛みを訴えることも出来ないのだから、もう少し優しくお願いしたいですね...(;´Д`A

2014年5月26日|

子供が大きくなってからの方が大変な事って何がある??子供は小さい時だけが大変な訳ではありませんよね・・・。

出産して退院したその日から、子育ての大変な日々が始まりますね。

入院している時は、あんなに寝てばかりだったのに...退院したとたん、一時間おきに泣いて、夜泣きも大変...(;´Д`A

オムツを取り替え、母乳やミルクを飲ませ...をひたすら繰り返し、寝不足の日々に、早く大きくなってね〜(T ^ T)なんて話しかけていたものですが。

それが、あっという間に歩き始め、言葉を話すようになり、喜んでいたら、今度はイヤイヤばかり...。

全く言うことを聞いてくれずに、ダメなことばかりする我が子に手をこまねいて...(;´Д`A

でも、まだまだ甘えてくる我が子は、どんなにいたずらっ子でも可愛く愛おしいものです。

小さいうちは、そんな風に手がかかりますし、体調もしょっちゅう崩すから、親も寝ずの看病で大変ですね。

しかし、そんな日々も、子供の成長とともに落ち着いて着ます。

だまっていてもご飯を食べるし、お風呂も入るし、学校も一人でいけるし、お留守番だってできる!

あ〜成長したなぁ...ってしみじみ思ってしまいますね(*^_^*)

しかし、そういった生活面での手はかからなくなりますが、今度は新たな問題が出てきます。

子供が大きくなるに従って、精神面でのフォローが必要になってきます(´・Д・)」

それまでは出来ることが増えていく日々だったはずが、出来ないことが増えてくる時期がきます。

めんどくさい、やりたくない...(・_・;

今までは、出来ないことだったから親が手を貸したことです。

しかし、出来ることをやらないことに、親は手を貸すことが適切ではありません。

なぜ今やらなくてはならないのか、なぜそれが必要なのか...そういったことを教えなくてはなりませんね(´・Д・)」

また、友達付き合いなどの中で、子供が悩むこと、友達に対してしてはいけないこと...そんなことも出てきます。

友達同士のことに、親が口を出すことは必要ないと思います。

しかし、人として...学ぶべきことを教えるのは親の役目です。


だから、親の役目も大きくなりますし、親も成長しなければならない(;´Д`A

そういった大変さが出てきますねε-(´∀`; )

2014年5月21日|

夜勤のたびにトラブルや急変が続きます。スタッフが少ない夜勤は精神的な負担が大きい!夜勤を辞めたい!

私は、看護師になって5年が経つんですが、マイペースな性格のせいか、なかなかテキパキと仕事をする事ができません。
特に、スタッフが少なくなる夜勤の時に、急変や何かしらのトラブルが起こると、パニックになる事もあります。
私の職場は2交代制なので、夜勤は16時間あります。
この16時間の間、看護師3人で病棟を見ています。
何も起こらず、落ち着いているのであれば、日勤に比べると楽だと思います。
しかし、なぜか、私が夜勤をしている時に限って、急変や緊急入院、ステルペンなど、いろいろな事が起こるんです。

急変などが起きると、私は体が固くなってしまって、すぐに対処ができなくなってしまいます。
いつも、一緒に働いているスタッフに助けられている状態です。
こんな私なので、先輩たちがイライラしてるのがすごく良くわかります。
同期と夜勤が一緒の時はかなり気が楽なんですけど、先輩と一緒の時には、それだけで緊張して、食事も喉を通らない感じです。

私は看護師の仕事が大好きで、これからもずっと続けていきたいと思っています。
でも、急性期のような病棟で働くのは向いていないのかもしれません。
何年か経験を重ねれば、私のような人でも、テキパキと働けるようになるかと思ったんですが、こればかりは、
向き不向きがあるのかもしれません。
私には、ゆっくりと落ち着いて仕事ができるような職場が合っているように思うんです。

今の職場で5年頑張ってきましたが、なかなか成長できないし、人間関係にも影響しているので、余計に辛い気持ちです。
苦手な事は、何とかして克服したいとも思いますが、夜勤のない仕事を探す事も考えています。
テキパキと仕事ができる方がとても羨ましいです。

2014年5月21日|


ページランク表示 REVIVAL JAPAN 子供 ベランジョカジノ PageRankLink